アイ会計 平野喜章税理士事務所 仙台市太白区 確定申告 会社設立 資金調達 医療法人設立 相続 社会福祉法人会計支援

 
 

< 資金調達案内>


1.資金繰り改善対策






       資金繰り改善対策
  •    売上 ― 増収への営業努力、価格の見直し交渉
  •    仕入 ― 安価での仕入努力、同上
  •     経費 ― 経費削除、本当に必要な経費か
  •    投資 ― 過大な投資の抑制、自社体力、業界環境とのすり合わせ
             過大な研究投資の抑制
  •    与信 ― 各担当者が日常、取引先の業況に興味を持つこと
        管理   売上先の与信バランスを管理、入金日の管理の徹底
              万が一に備え、保険、中小企業倒産防止共済への加入


        金融機関からの会社の見方

         1.キャッシュポジションは良好か

         現金・預金・売掛金・未収金残は買掛金・未払費用・短期借入金残と比較し,どれほど
         余裕があるか。

         2.
社長の個人資産状況は

        通常中小企業の場合は、社長の保証が入っており会社・個人一体で  貸付金の回
        収の可能性を判断します。会社はもちろん個人資産の担保設定状況を考慮していく
        ことになります。
 

         3.
決算諸表の数字の真実性の検討

         会社提出の決算諸表は、融資部のデータコンピュータで読み込まれます。
         全国ベースの業界平均データと対比し、各種の財務比率が計算され支店にデータが
         おりてきます。そこから支店担当者が各勘定科目に目をやって数字の整合性をチェ
         ックし、融資の稟議書作成に移るとゆう流れとなります。
    
         例えば、売掛金・受取手形残高が月商の何ヶ月分になっているか?その業界の
        平均と比べて倍の月商分なら、架空の売上計上、融通手形のやりとりあるのか? 
        と勘繰ることになります。大事なのは、前年と比較したうえで数字の増減をを見ていく
         ことです。
    
         長年の歴史の中でそうなってしまった会社もなかにはあり、いずれにせよ将来に
        向けてあるべき貸借対照表にできるように目標を立てて経営努力していくこと、その
        意思表明とその実践が重要となります。

       4.
融資申し入れ事由と返済可能性の検討

         運転資金増加申し入れなら売上増に伴う収支ズレなのか、それとも他の事由なのか
         経営計画がそれに伴って策定され資金繰り予定表はどうなっているか?返済資源は
        どこからもたされてくるのか?

       5.
他行との融資バランス

         複数の取引銀行がある場合、自分の融資シェア―を考慮し、融資申出額の妥当性を
        判断していきます。担保状況、取引の歴史なども当然勘案していくことになります。

         6.
その他

          その時々の金融情勢によるが基本的には保証協会付の融資が第一のお勧め融資
        商品となります。銀行支店の行内での順列により店舗ごとに支店長権限与信枠が
        こととなります。

                                                      



       当事務所の取り組み
  
  •   元銀行員の経験に基づき、資金調達面での支援をいたします。事業の継続・ 
      黒字決算への道筋が見えてくるようにバックアップいたします。

  •   当事務所は「記帳適時性証明書」を発行いたします。この提出決算書については
     金融機関側の信頼性は高いものになります。(月次巡回監査、記帳の適時性、
     申告書と決算書との同一性を証明するものです。)
       

      「記帳適時性証明書」のサンプルは下記をクリック
                    tekijiseisixyoumei .pdf へのリンク


  •   中小企業にとって作成が不得意な経営計画の作成を支援いたします。
      金融機関の立場からは相当な返済の目途がなければ返済条件の緩和は難しい
      ものです。

                                                  
| HOME事務所案内業務案内|資金調達案内|お役立ちコンテンツお問い合せ
Copyrights©2017 アイ会計・平野喜章税理士事務所all rights reserved